住吉川病院

神戸市東灘区の内科,外科,人工透析 住吉川病院

〒658-0084 兵庫県神戸市東灘区甲南町5-6-7
TEL 078-452-7111
※上記QRコードを読み取っていただきますと、携帯サイトが閲覧可能です。

【最終更新日】 2017.10.2
トップページ»  医師のご紹介

医師のご紹介

ご挨拶

住吉川病院は、腎臓疾患をトータルに診療することを究極の目的として昭和54年に開設されました。
以後、皆様方の暖かいご指導、ご支援を得まして地域医療にいささかでも役立つよう頑張っています。私達の医療活動の根底をなすものは、医療や看護の技術に卓越することのみにとどまらずに、心の通ったケアを行うことであり、それによって100%の効果が発揮できるものと確信しております。特に、本院の治療の主体をなしている透析療法にあっては、長期にわたることが必至で、技術面での充実はもちろんのこと患者様の精神面へのサポートも重要な課題でり、そのためには医師、看護師その他病院全体のスタッフとの心のふれあいを大切にしています。住吉川病院では、最新・万全の医療体制、患者様との交流、さらに清潔、閑静な環境を提供しつつ職員一同、日夜研鑽に励みながら診療に従事し、看護にあたっております。身体の苦痛も心の悩みも、遠慮なくお気軽にご相談下さい。

【理事長  西岡 正登】
西岡先生

 

当院の診療方針

澁谷Dr. 本院では慢性腎不全に対する血液浄化療法(血液透析・腹膜透析)を中心に治療を行っております。入院病床を持った透析専門施設は全国にも少なく、急性期病院での合併症治療後のケアや外来透析患者様の急変時の入院対応を迅速に行っております。
近年、長期透析患者様の増加に伴い、様々な合併症が問題となり、患者様の生命や日常生活を脅かしており、当院では合併症の早期発見治療に努めております。外科的治療も行っており、シャントトラブル、透析アミロイド症による手根管症候群、二次性副甲状腺機能亢進症等の手術にも力をいれて取り組んでおります。また、急速に進歩する血液浄化療法の最先端の治療を目指して、私はもとより職員一同が学会、研究会に積極的に参加し、日々研鑽を行っており、確かな技術・知識を持って、心のこもった医療を皆様に提供できればといつも心がけております。当院の周辺環境は、住吉川緑地地区で周囲に緑が多く、目前の住吉川の川岸は整備され、日々ウォーキングやジョギングをされている方が多数おられます。この絶好の環境の中で、更なる地域医療への貢献ができればと願って努力を重ねて行きます。
【院長  澁谷 浩二】

 

医師のご紹介

氏名
よみ
卒業年度 担当科 役職 専門認定医
西岡正登
にしおかまさと  
昭和40年 内科
人工透析内科
理事長 日本内科学会認定医
日本透析医学会指導医・専門医
日本腎臓学会専門医
藤田嘉一
ふじたよしかず
昭和26年 内科
人工透析内科
顧問 日本内科学会認定医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会指導医・専門医
澁谷浩二
しぶやこうじ
昭和62年 外科
人工透析内科
リハビリテーション科
院長 日本外科学会専門医
日本透析医学会専門医
野口哲也
のぐちてつや
昭和63年 内科
糖尿病内科
人工透析内科
副院長 日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医  
日本糖尿病協会登録医・療養指導医
病態栄養専門医、NSTコーディネーター
澁谷浩司
しぶやひろし
平成2年 神経内科 神経内科部長 日本神経学会認定専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医、健康スポーツ医
成山真一
なりやましんいち
平成15年 内科
人工透析内科
内科医長 日本内科学会認定医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会指導医・専門医
日本脈管学会専門医
日本動脈硬化学会指導医・専門医
日本医師会認定産業医
杉木雅彦
すぎきまさひこ
昭和61年 内科
人工透析内科
医員
(三宮HDクリニック院長)
日本透析医学会指導医・専門医
日本医師会認定産業医
新光聰子
しんこうさとこ
昭和40年 内科
人工透析内科
医員 日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
 江尻朋子
えじりともこ
平成9年  内科
人工透析内科
医員 日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
宮本幹
みやもとみき
平成23年 腎臓内科 医員  
神頭真理
かんとうまり
平成23年 内科
人工透析内科
医員 日本内科学会認定医
稲葉佳代
いなばかよ
平成6年 内科 非常勤  
田路佳範
たろよしのり
平成10年  腎臓内科 非常勤 日本内科学会綜合内科専門医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医

 

所属学会・認定医など

◆日本腎臓学会認定研修病院
◆日本透析医学学会認定教育病院