住吉川病院

神戸市東灘区の内科,外科,人工透析 住吉川病院

〒658-0084 兵庫県神戸市東灘区甲南町5-6-7
TEL 078-452-7111
※上記QRコードを読み取っていただきますと、携帯サイトが閲覧可能です。

【最終更新日】 2017.10.2
トップページ»  当院のご案内

当院のご案内

診療科目

内科、外科、人工透析内科、糖尿病内科、神経内科、リハビリテーション科

 

外来診療担当医表

診療時間
午前診 9:00~12:00 内科 新光 野口 藤田 稲葉 西岡 交代制
(1、5週目は休診)
杉木
(1週目は休診)
外科 院長 院長 院長 院長
神経内科 澁谷 澁谷 澁谷
腎臓内科 田路
午後診 13:30~17:00 糖尿病内科 野口
夜間診
(内科のみ)
只 今  休 診 中 で す
【休診日】日・祝日

【血液浄化センター】
血液透析 昼間 9:00~16:00
夜間1 14:00~21:00
夜間2 17:00~23:00

 

住吉川病院が新しくなりました

今回のわれわれが目指したものは、

(1)震災に強い病院(耐震性の確保)
(2)療養環境の改善


です。
具体的には…
  住吉川病院1  
住吉川病院ロビー   (1)震災に強い病院(耐震性の確保)
現行の耐震基準に適合した安全な建物です。
1995年(平成7年)1月17日の阪神・淡路大震災を乗り越えてきた当院ですが、2005年の「病院の地震対策に関する実態調査」で、病院のすべての建物が新耐震基準を満たしている病院が全国で36.4%しかありません。当院ではこのことを重要視して、患者さんの生命を守る病院として、新築に踏み切りました。
より震災に強い病院として生まれ変わります。
 
(2)療養環境の改善
【血液浄化センター】
・最新の透析システムを備えた、癒しの透析環境を整備します
・患者さんにやさしい輻射空調システムを取り入れます
・オール電化を採用し、安全でクリーンな病院とします
・明るく広々とした待合ロビーや回復ロビーを整備します
まだまだ書ききれないほどの、療養環境の改善を目指しております。
特に注目してほしいのは、透析室で問題になる空調設備において、「輻射空調システム」を採用したことです。
  外来透析室  
病棟1   【入院・入院透析室】
・専用トイレとシャワーを完備した個室を整備します
・明るくゆとりのある4床室で快適な療養環境とします
・明快なフロア構成とシンプルな動線で利用しやすい病院とします

 
 
住吉川病院は高度な専門性と心のこもったケアで
信頼される医療をめざします。
  透析ロビー  

特色とする治療法など

日常生活を制限する患者さんを苦しめる類の治療法は、よい治療法とは考えていません。
当院では、最先端の診療をご提供しつつ、患者さんの生活の質(Quality of Life)を損なわない治療を目指しています。

 

院内・診療設備など


〔透析関係〕
血液透析(HD)
血液濾過透析(HDF)
血液濾過(HF)
腹膜透析(CAPD)
〔放射線関係〕
全身用CT装置
X線テレビ装置一式
一般撮影装置(CR)
回診用撮影装置
眼底カメラ
骨塩定量装置
〔病棟関係〕
心電図テレメーター
人工呼吸器
全病室酸素配管
除細動器
全室空気清浄機設置
〔臨床検査関係〕
生化学自動分析器
自動血球計数装置
血液ガス分析装置
心電図情報システム
超音波診断装置
輸血検査システム
肺機能検査装置
〔内視鏡関係〕
胃・大腸ファイバースコープ
膀胱鏡
〔手術室〕
麻酔器

 

施設基準


〔基本診療の施設基準〕
・加算等
・入院基本料(一般15:1)
・看護補助加算1(一般病棟)
・地域加算4級地
・栄養管理実施加算
〔特掲診療料の施設基準〕
・検体検査管理加算(I)(II)
・医療機器安全管理料(I)
・薬剤管理指導料施設基準
・自己腹膜還流指導管理施設

 

当院周辺風景